仕事のギャップに対する悩みとは

 女性エンジニアがIT業界で働く時、仕事のギャップについて悩みを抱えることは少なくない。そもそもIT業界では、その仕事の特性上、入社前に希望していた仕事に就けずにギャップを感じやすい傾向にある。他のエンジニアよりも優れた経験や技術を有していたとしても、常にその分野の需要があるとは限らず、短期的に他の仕事を担当するケースは元より、仕事の幅を増やすためという理由で扱ったことのない製品や技術を担当するというケースも珍しくない。
 若手のうちであればそれも仕事と捉えられるかもしれないが、ある程度のベテラン層になった後でも業界の流行や動向によって、このような現実に直面することがある。これらの悩みは男女を問わない問題ではあるが、更に女性エンジニアには特有の問題が発生することがある。それは、性別を理由になかなか希望の仕事を任せてもらえないという問題だ。
 現在、雇用機会均等法などに従って、特別な理由がない限りは男女の性差による雇用の差別は禁じられている。しかし、入社後にどのような仕事を割り振るかは企業の裁量に任されている状態だ。女性管理職が少ないという社会問題は取り沙汰されているが、更にエンジニアという業界においては、将来的に結婚して仕事を辞めるからなどという思い込みによって判断され、同期入社の男性社員と明らかに違った扱いをされてしまうケースもある。自分が希望していないにも関わらず、勝手にそのような対応をされる場合は、コンプライアンスの窓口などに相談すると良いだろう。