強みを伸ばして悩みを解決する

 女性エンジニアは珍しい存在ではないが、やはり男性の方が圧倒的に多い状況であるため、悩みは尽きないといわれている。第1に、男性と比較した時に体力面で劣るという点だ。IT業界の特徴の1つとして、プロジェクトの納期直前やトラブル対応が発生してしまうと、深夜までの作業が連日続いてしまいやすい。そうなると体力で劣ってしまう女性にとって厳しい上に、身体を壊してしまう結果に繋がるリスクも高くなる。気持ちや技術の面では同僚男性より優れていても、体力の面でついていけないと感じる人は珍しくない。
 第2に、そういった性別による差異があることで、男性よりもキャリアアップが難しいことがある。利潤を追求する企業にといては、最前線で指揮をとれる管理職や難しい課題でもこなせるプロフェッショナルなどを必要としているが、更に体力面でも優れていて厳しいスケジュールになっても対応できる人材を好む傾向にある。このため、同じような能力を持つエンジニアの男女がいた場合、男性だからという理由で優位な評価を得られることがあり得る。
 キャリア志向の女性エンジニアにとっては、これは大きな悩みとなってしまう。しかし、評価基準は体力の問題だけでは決してなく、他者とコミュニケーションを取りプロジェクトをより潤滑に推進する技術やミスなく信頼性の高いプログラムを作る技術なども高い価値があるとされる。男性と同じ土俵で戦うのではなく、他のエンジニアにはない自分の強みを伸ばすことで、悩みを解消できる可能性が開けるだろう。